コーヒーのポリフェノールがお肌のシミを予防

日中の日差しも強くなり、少しずつ暖かくなってきました。
春が近づいてることを感じる毎日です。
ところで、女性にとっては、日差しが気になる季節でもあります。
昨秋のNHKの番組で放映された内容ですが、コーヒーに含まれるポリフェノールがシミの予防になるという内容が放映されました。
紫外線が皮膚にあたることで体内に活性酸素が発生し細胞を傷つける恐れがあるため、皮膚に紫外線を防ぐためのメラニン色素が生成されるようです。
そのおかげで皮膚の細胞は守れますが、これが沈着してしまうとシミになってしまうようです。


ところが、ポリフェノールがを摂取していると活性酸素が取り除かれ、その結果メラニン色素が作られることが少なくなりシミの予防になると考えられているとのこと。
お茶の水女子大学の近藤和雄教授の調査によると、コーヒーにはポリフェノールが豊富に含まれており、その含有量は赤ワインとほぼ同じくらい。摂取のしやすさとしては、コーヒーが1番適切であるようです。
近藤教授はシミとコーヒーの関係について調べ、30~60歳の女性131人を対象に調査をされました。
その結果コーヒーを飲む人ほどシミの量が少ないことも実験で証明しました。