コーヒー豆の量り方

コーヒー豆の分量はグラム数で指定されますが、実際にコーヒー豆を量る場合はコーヒー豆専用の計量スプーンで量る場合がほとんどです。
やっかいなのは、以前のブログにも書きましたが、計量スプーンのサイズが統一されていないこと。
擦り切り一杯約7gのものもあれば、12gのものもあります。
mameyoryo.jpg


そして、コーヒー豆の密度はコーヒー豆によって違ってきます。
写真は、モカの中煎りとマンデリンの深煎りの豆と粉の比較です。
このように、コーヒー豆をスプーンで量ったとき、かなり分量が違ってくる場合もあります。
浅煎りは密度があり、深煎りはその反対で同じ重さでも体積が大きくなります。
しかし、深煎りはコーヒーが濃く入るので、浅煎りよりも1割ほどグラム数を減らしても十分濃度のあるコーヒーになります。
というわけで、コーヒーの分量を量る場合には、必ずしもグラムではなく容量で指定しても良いと思います。
ちなみに、写真のスプーンは約30ccです。