コーヒーをビニールハウスで育ててみようとふと思う

coffeehatakeph.jpg
4、5年ほど前家庭菜園をしていたけど、続かず断念し放置してあった2坪ほどの畑にビニールハウスを建てコーヒーを育ててみようと、ふと思い立ちました。
そして草刈りを始めるも、放置してあったせいか、なかなか手ごわい。
鍬で耕してみたけど、余計に草がどうしようもなくなってしまい、とりあえず断念。
なさけない。w
気長に草取りをしていくことにしました。
まずは自宅にある畑のpHを測ってみると、pH6。
20gの土を50ccに溶かして、その液体のペーハーを測りました。


コーヒーを育てるのに、土のpHは4.5~6がよいとのことなので、ひとまず安心。
そして、再度畑の面積を測ってみたら、およそ2.4m×3.0m。
やはり2坪程度。
農業の知識の全くない自分にとって、試しに育てるには、ちょうど良さそうな広さ。
今までは、店内でコーヒーの木を育ててきましたが、12年以上育てていますが実を付けたのは1度だけ。しかも2粒。
そして実をつけてから、数年以上経ってますが、その後実をつける気配がない状態が続いていました。
コーヒーの産地では3年ほどで実をつけます。日本はコーヒー栽培に向いていない気候ですが、もしかしたら温室を作れば育つかもと思い、チャレンジしてみようと思い立ちました。