コーヒー豆の焙煎も、遠火の強火

baisenhonoo.png

様々な食材に火を通すとき、遠火の強火という調理方法がありますが、当店でも火力を1.5倍にした焙煎機を使用し、遠火の強火の利点を生かした焙煎をしています。
コーヒー豆の焙煎には、大きく分けて直火によるものと熱風による焙煎があります。


コーヒー豆を直火で焙煎をすると、火力調節による温度調節がしやすく、焙煎による味が抜けにくくなります。
また、熱風で焙煎する場合、豆が膨らみやすいことや焦げにくいという利点があります。
その2つの利点を活かすために、当店では直火式焙煎機の火力を5割ほど強くし、強火・遠火にすることで豆の中までじっくり火が通り、むらなくコーヒー豆を煎るように工夫しています。