コーヒー豆のパーチメント

parchment.jpg
コーヒー豆はコーヒーの木の種。
通常、赤色の薄い果肉を剥くと種は互い違いに2つあり、その種はパーチメントで覆われています。
パーチメントで覆われたコーヒー豆を、パーチメントと呼ぶこともあります。
パーチメントは簡単に剥くことができ、剥いてみるとシルバースキンという薄皮に覆われたコーヒーの種が出てきます。


シルバースキンは薄く皮状になっており、やはり爪でなどでひっかけば簡単に剥けます。


収穫し乾燥していないコーヒー生豆は水分量が60%以上あり、種といってもとても柔らかく、指で割ることもできます。
ちなみに、コーヒーを発芽させる場合は、種の状態ではなくパーチメントから発芽させます。