コーヒー豆の発芽


コーヒーの芽

先日、コーヒーの種が発芽しました。
植えたのは、発芽する約2ヵ月前。13粒のうち6粒が発芽しました。
今までコーヒーの木を育て、花が咲いたり実をつけたこともありましたが、発芽したのは今回が初めて。
実は、コーヒーの種はなかなか発芽してくれません。
コーヒーの種は、コーヒーの実に、2粒のコーヒーの種が対になって入っています。


その種はパーチメントといって、少し硬い殻に覆われています。
パーチメントに覆われたコーヒーの種は、パーチメントコーヒーと呼ばれます。
発芽するのは、そのパーチメントコーヒー。
しかも、植えてから1ヶ月以上かかると聞いてますが、2ヵ月もかかるとは思わず、半ば諦めていたところでした。
生産国では3年もすれば、実をつけ始めますが、コーヒー栽培に適していない日本では実をつけるのは、いつになるか想像がつきません。
しかし、丁寧に育てていれば、きっといつか花が咲き実をつけます。
その日を夢見て、育てていきたいと思います。