ドリップコーヒー

現在となってはドリップコーヒーは当たり前ですが、1800年ごろまでは、コーヒーを煮出しその上澄みを飲んでいました。
その後布の生地で濾しながらお湯を注ぐことがなされ、ネルドリップは1821年にイギリスで始められたと言われております。
200年と少しという、コーヒーの入れ方の歴史に驚かれるかもしれません。
その後、さまざまなコーヒーの入れ方をされるようになりました。


しかし現在でも多くの国で、コーヒーをお湯で浸し、その上澄みをのむという飲み方がなされており、私自身も、コーヒーのテイスティングをするときは、こうした入れ方をしています。
当店でも販売しております。
サクラオリジナルネル