コーヒーで気持ちを緩める

我が家には、かわいいワンコが2匹います。
友人から譲り受けたワンコですが、とってもかわいいです。
ワンコたちを眺めていると、僕たち人間と違い、多くの時間をのんびり過ごしています。
たまに自宅の前を人が通ったり、食事をしたり、2匹で喧嘩をしますが緊張している時間はごくわずか。
そんなのんびりしているワンコを眺めているだけで、こちらも癒されていきます。
家事や仕事をし、筋肉に力を入れたり気持ちに力を込めることは簡単ですが、意外に緩めることが難しいと思っているのは、僕だけではないと思います。
意識的に、気持ちも身体も緩める時間をつくることは大切に思います。


身体を緩めることで、コリの原因や血流も改善されるはず。
最近では、コリを揉むことで一時的にコリは解消されるものの根本的な解決にはならないと言われ、筋肉を緩める療法があちこちでなされています。
そして、気持ちを適度に緩めれば、気づきを得ることもあります。
普段車で走っている道を、歩いてみることで、今まで気づかなかったものに気づいたりもすることは、みなさんご経験があるのではないでしょうか。
気持ちを緩めるために、コーヒーを淹れる時間、テレビの電源を切り、家族でゆっくりとコーヒーを飲む時間は、とても効果的だと思います。
コーヒーには、アルファー派を活性化させる作用もあり、実際に、香り高いコーヒーを飲むことで気持ちも和らぐ経験をされている方は多いと思います。
そして、普段気づかない身近にある幸せに気づくこともできるかもしれません。
お正月は、一年で一番ゆっくりできる時期。
そんな時期に、美味しいコーヒーで、ほっとくつろぐ時間は素敵な時間だと思います。