さくらコーヒー農園

コーヒーを育てる

昨年7月(2013年7月)に植えたコーヒーの種が2ヶ月後に発芽し、その後すくすくと成長しています。
別のコーヒーの木は店内にて10年以上鉢で育てていますが、今回は屋外で育ててみたいと思い、先日ビニールハウスを建て、コーヒーを移植しました。
コーヒーの生産地の多くは、赤道に近い地域の高地で育てられています。夏は涼しく、冬は暖かい。そんな環境をコーヒーの木は好みます。


日本で育てることは、なかなか困難なことですが、やってみないと分からないのでチャレンジしてみようと思います。
ちなみに、当店から車で5分ほど走ったところに、名古屋市の運営するフルーツパークという公園に温室があり10本ほどの立派なコーヒーの木が育てられています。毎年たくさんのコーヒーの実をつけています。