シンガポールのコーヒーショップ

先日、シンガポールのコーヒーショップなどを見学してまいりました。
シンガポールは国民一人当たりの平均GDPは日本よりも高く、最近特に脚光を浴びている国でしたので、そんな国ではどのようにコーヒーが飲まれているかを見てきました。
多くのコーヒー店では、ネルドリップで大量に抽出したコーヒーを低価格で提供していました。現地ではKopiと呼ばれ、価格は日本円で130円程度。この価格で喫茶店の店内で座って、陶器のカップに入ったコーヒーをいただくことができました。
その他にも、海外のスタイルで淹れるコーヒー店もいくつかありました。
そのひとつに、TypiBonというお店があります。
Typibon.jpg


現地スタイルのKopiの他、エスプレッソや、ドリップコーヒー、サイフォンでも入れてくれます。
ここでは、コピルアック、ブルマン、パナマ エスメラルダ農園ゲイシャという高級コーヒーの他、エチオピア イルガチェッフェ、グアテマラなどのストレートコーヒーも扱っていました。
エチオピアをハンドドリップで入れていただきましたが、とても美味しかったです。価格はS$5(日本円で、400円程度)