ミャンマーコーヒー


ミャンマーコーヒー

最近、ビジネスでミャンマーがちょっとした話題になっているようです。
首都ヤンゴンでは、世界各国から多くの外国人がビジネス目的で宿泊し、ホテルの価格も高騰しているようです。
タイやラオス、ベトナム、マレーシアなどでもコーヒーは栽培されていますが、このミャンマーでもコーヒーは栽培されています。
しかし、日本には、ほとんど入ってきておらず、当店の仕入先でも扱っておりません。
先日、ミャンマーのお土産に、3種類のミャンマーコーヒーをいただきました。
コーヒー生産国でコーヒーのお土産品は多いのですが、多くは粉の状態に挽いてあります。


ところが、いただいたミャンマーのコーヒーは、豆のままの状態。その分、保存が効き、おいしさが長持ちします。
焙煎した日も新しく、コーヒーを真面目に販売している国なのではと感じました。
パッケージに印刷されている農園や焙煎工場の写真を見る限りでも、真面目さが伝わってきます。
さっそく飲んでみましたが、やはり新鮮なコーヒーの味がしました。
ミャンマーは、これから益々発展していくと思いますが、おいしいコーヒーも日本に入っていくるようになるといいなと感じました。