森林破壊を防止するコーヒー農園

農園を開発する場合、森林破壊が問題となることがあります。
森林を焼いて、そこを耕して作物を植えるいわるゆ焼畑農法や、森林を伐採、抜根することにより山が崩れてしまうなど。
コーヒーの栽培においても、これらが問題となることがあります。
しかし、コーヒーは日陰でも育つ数少ない作物。
直射日光をさけるために、シェードツリーという背の高い樹木を植えることもあります。


ほかに、カカオなども日陰で育つ植物のようです。
現在は、森林伐採などせずに、コーヒーの栽培をされるようになってきています。
しかし、まだまだそのような知識が乏しい農家の方も多いようで、レインフォレスト・アライアンスなどの環境団体は、森林を破壊しなくても良い農法の普及に努めています。
森林に人が入り、コーヒーを植え、手入れすることで、森林保全にもつながり、多くの鳥など動植物の住処となります。
そんなコーヒー農園が増えていくことを望んでいます。