コーヒー豆袋の再利用で年間7.9kgの包装容器を削減

来月6月は環境月間。
いつもよりも、少し地球環境について考えて地球に感謝したいと思っています。
ところで、スーパーのレジ袋が有料となり、エコバッグは当たり前となっていますが、当店ではレジ袋は有料でもありませんし、エコバックをお持ちの方に割引をしているわけではありません。
その代わり、コーヒー豆を入れる容器をご持参いただくことで、1袋200gあたり40円の割引を実施しています。
2005年11月より実施しており、もうすぐ10年となります。
当初は月間に数件のご利用しかありませんでしたが、現在では月間100袋近くのご利用があり、昨年1年間では1122袋ご利用いただきました。
袋の重さは約7gですので、年間で7.9kgほどの資源を再利用していただいていることになります。
レジ袋は2~3gですし、お客様一人に対して1枚ですが、コーヒー豆の袋は複数個お買い上げというケースも多いので、とても効果がよいのではと思っています。
ただし、袋を入れ替えるので、そのために時間がかかり、お客様をお待たせしてしまいますし、袋の原価は30円ほどなので、エコパック割引が普及すればするほど、手間も費用も掛かりますが、未来のために少しでも資源を大切にできるのではと思い実施しています。


コーヒーは熱帯で栽培されていますが、地球の環境の変化にともない、持続可能な栽培が問題になりつつあります。
人の心を和ませてくれる美味しいコーヒーが地球からなくなってしまわないためにも、今ある資源を大切に使わせていただきたいと思います。

コーヒー豆袋の再利用で年間7.9kgの包装容器を削減

来月6月は環境月間。
いつもよりも、少し地球環境について考えて地球に感謝したいと思っています。
ところで、スーパーのレジ袋が有料となり、エコバッグは当たり前となっていますが、当店ではレジ袋は有料でもありませんし、エコバックをお持ちの方に割引をしているわけではありません。
その代わり、コーヒー豆を入れる容器をご持参いただくことで、1袋200gあたり40円の割引を実施しています。
2005年11月より実施しており、もうすぐ10年となります。
当初は月間に数件のご利用しかありませんでしたが、現在では月間100袋近くのご利用があり、昨年1年間では1122袋ご利用いただきました。
袋の重さは約7gですので、年間で7.9kgほどの資源を再利用していただいていることになります。
レジ袋は2~3gですし、お客様一人に対して1枚ですが、コーヒー豆の袋は複数個お買い上げというケースも多いので、とても効果がよいのではと思っています。
ただし、袋を入れ替えるので、そのために時間がかかり、お客様をお待たせしてしまいますし、袋の原価は30円ほどなので、エコパック割引が普及すればするほど、手間も費用も掛かりますが、未来のために少しでも資源を大切にできるのではと思い実施しています。

続きを読む