地域のコーヒー屋さんとして

当店は、閑静な住宅街にあります。
今のお店を開店しようとしたときに、ある程度大きな敷地の貸地を探しておりましたが、大通りの土地の抽選が外れ、今の少し奥まった場所が当選しました。
大通りではないので、初めての方には見つけにくいですが、一度覚えていただけると、一本中に入った通りなので、駐車しやすい立地になっています。
お店の周囲には子供も多く、お店の駐車場は小学校へ行く子供たちの集合場所にもなっています。
そして、こども110番のお店になっており、子供が不審な方に出会ったときのため、駆け込むことができる場所になっています。
一度も、そういうことになったことはありませんが、近所の子供たちが、遊びにきたり、お使いに来たり、トイレを借りにきたり、お母さんが帰ってくるまでの時間を過ごしたりすることがあります。


もちろん、住宅街で営業させていただいていますので、ご迷惑をおかけしていることも多々あるかと思います。
車の出入りで、子供たちが事故に遭わないか心配になることもありますし、焙煎の煙がご近所の方にご迷惑をおかけしていないかと心配になることもあります。
そんな地域の中にあるコーヒー屋さんです。
思えば、私自身も、商店街で育ちました。
学校から帰れば、働く両親や祖父の姿を毎日見てましたし、近所の八百屋、花屋、電気屋さんで働く大人たちを見て育ちました。
今思えば、とても良い経験をさせていただいたと思っています。
そんな訳で、近所の子供たちに自分が働く姿を見せることは、きっと何かを感じてもらえるのではないかと思っています。