コーヒーミル みるっこの静電気対策

コーヒーミルみるっこと静電気

電動コーヒーミルを使うとコーヒーの粉が飛び散り、使ったあとの掃除が欠かせません。
特に、冬場の乾燥した時期は、飛び散る量も増え悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

20~30gのコーヒーを挽くときは、付属の容器ではなく、ステンレスのカッ­プなどの利用をお勧めしてます。全く飛び散らないという訳ではありませんが、随分、飛び散るコーヒー粉は減ると思います。


ステンレスではなくても、メラミン樹脂のカップでも静電気は起こりにくいです。

コーヒー豆を挽くスピードが早いコーヒーミルは、静電気が発生しやすいという欠点がありますが、私個人の意見として、その欠点を考えても、均一にコーヒーを挽くことができる「みるっこ」は、丈夫で素晴らしいコーヒーミルだと思います。
世界的にも人気があり、アメリカや中東、東南アジアなどからご注文をいただいています。