新世紀工芸館でコーヒーの入れ方セミナー開催

新世紀工芸館コーヒー教室

自分で作ったコーヒーカップでコーヒーを楽しむという趣旨のセミナーが愛知県瀬戸市の新世紀工芸館で開催されました。

新世紀陶芸館は、古くから焼き物の街として知られる瀬戸市にある公共施設で、陶器の展示や、陶芸体験などができるようになっています。

セミナーは2部構成となっており、第1部は陶芸体験をし、コーヒーカップとソーサーを作成。

第2部は日を改め、出来上がったコーヒーカップでコーヒーを楽しむというもの。当店が担当させていただき、コーヒーの入れ方やコーヒーの基礎知識を学んでいただいた後、その場で、ご自身で入れたコーヒーを楽しんでいただきました。

自分で作った陶器でいただく、入れたてのコーヒーは格別でしょうね。

今回のコーヒーの入れ方セミナーでは、瀬戸市内のメーカーが作ったステンレスフィルター(写真左上)を使って入れ方体験をしていただきました。

【Part1 陶芸体験】
日時:平成29年1月15日(日)
   午後2時~午後4時
内容:手びねりでコーヒーカップを、タタラ技法でソーサーを作り、印花模様(はんこ)を押して仕上げます。

【Part2 コーヒーセミナー】
日時:平成29年2月11日(土)
   午後2時~午後3時
内容:珈琲豆専門店「coffee SAKURA」の大西 文明氏を講師にお迎えして、コーヒーの基礎知識などを学び、完成した器を使ってコーヒーを楽しみます。