メッシュでコーヒー粉の荒さを調整(KRUVE)クルーブ

コーヒー粉クルーブKRUVE

KRUVEは、内部に2枚のメッシュフィルターが取り付けられています。

上部に荒いメッシュ、下部に細かめのメッシュを取り付けることで、荒すぎるコーヒー粉、細かすぎる粉を振り分けることができます。

今回は1600ミクロンと600ミクロンのメッシュを使いました。
手引きコーヒーミルの荒さを調整しながら、挽いた粉10.0gを使って最適な挽き具合を見つけます。

最終的に最良と思われる挽き具合は、荒すぎる粉0.6g、細かすぎる粉1.6g、理想の粉7.8gの位置を見つけました。

また、他のコーヒーミルでも同じようにテストし、なるべく均一に挽けるコーヒーミル、ミル同士の荒さを調整することにも利用できます。

最適なコーヒー粉を使うとスッキリしたコーヒーになります。