コーヒー豆の分量(コーヒーメーカーの場合)

コーヒーカップ

多くのコーヒーメーカーは、1杯分125㏄で計算されています。たとえば、10杯用であれば出来上がりの量は、1250㏄となります。

コーヒーカップの容量は約125㏄ですが、現在、ほとんどのご家庭ではマグカップでコーヒーを飲まれていると思います。

マグカップは150㏄ほどから大きいものは200㏄以上と様々ですが、ここでは、コーヒーカップの約1.5倍の190ccとして、コーヒー粉の分量レシピをまとめてみました。

なお、コーヒー豆(粉)は、すり切り大さじ1(15cc)で約5gとなります。

コーヒー豆の種類によっても違いますが、目安にはなると思います。深煎りの場合は4gほどになり、浅煎りのコーヒーは6gほどになります。豆のままであっても、粉の状態であってもほぼ同じ5gですが、粉の場合は、粉をすくって押さえつけないで測ってください。

杯数(コーヒーカップ)マグカップg数g数(濃いめ)
11315
2 約1.3杯1922
3約2杯2529
4約2.6杯3136
5約3.3杯3743
6約4杯4350
7約4.6杯5057
8約5.3杯5664
9約6杯6270
10約6.6杯6877
11約7.2杯7484
12約8杯8091

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする