ブラジルコーヒーの新豆入荷

パッセイオ

ブラジル パッセイオ農園のコーヒー収穫期は、毎年6月下旬から8月中旬ごろまで。
収穫してすぐに種(コーヒー豆)を取り出して乾燥させた後は、トゥーリヤという保管庫でコーヒー生豆の水分値を11~12%程度になるまで保管されます。

昨年収穫されたコーヒー豆は、水分値が安定した12月にブラジルのサントス港経由で日本に向けて出荷されました。

そして、今年の3月に日本の港を通関しています。
そのコーヒーが9月になって当店に入荷され、現在店頭に並んでいます。

出来は上々で、前年のコーヒーよりも癖がなく飲みやすくなっていると思います。

また、先日パッセイオ農園主のアドルフォさんが来日されお話を伺いましたが、今年のコーヒーの出来も良いようです。

引き続き、ブラジルコーヒーはパッセイオ農園のコーヒーを取り扱っていこうと考えています。
現在、ブレンドコーヒーに続いて、当店で2番目に人気のあるコーヒーです。
まだお召し上がりでない方は是非お試しください。