SDGsとコーヒー

SDGs(エスディージーズ)は、持続可能な開発目標( Sustainable Development Goals )のことで、2015年に国連で決められました。

その目標は、貧困を無くそう、海の豊かさを守ろうなど17の項目に分かれています。

コーヒー栽培と自然環境や貧困問題は密接に関係しており、当店では自然環境に配位したコーヒーや、フェアトレードのコーヒーを取り扱っています。

今回、当店の取り組みの一部をSDGsの項目に従って具体的な目標設定をし、 国際NGO団体コンサベーション・インターナショナルが運営している Sustainable Coffee Challenge Commitments(サスティナブルコーヒーチャレンジ コミット)に登録しました。
https://www.sustaincoffee.org/partners/sakura

< 目標設定 >
愛知県瀬戸市の店舗ご来店されるお客様の88%が定期的にご来店いただく常連様となっています。
コーヒー豆のパッケージは、そのまま再利用することができ、お客様にご協力をお願いしています。
その取組は2005年からはじめており、現在では年間2,520個のパッケージが再利用されています。その重さは17.6kgになります。

当店は、容器包装の再利用を引き続き進めていきます。
2026年までに、年間5000枚のパッケージが再利用されることを目標にしています。

SDGs項目
12:つくる責任・つかう責任
14:海の豊かさを守ろう