「 030コーヒー豆知識 」一覧

コーヒーの木をカットバック

コーヒーの木をカットバック

 コーヒーの木(コーヒーノキ)は、カットバックという作業をします。  コーヒーの木は、何年か栽培していると実をつける力が弱くなってしまいます。そこで、カットバックをすることで、元気に実をつけるようにな...

NO IMAGE

マシュマロコーヒー

マシュマロをコーヒーに浮かべて飲むアレンジコーヒーです。 ミルクの代わりに、コーヒーにマシュマロを浮かべて溶かしていただきます。 クリーミーでマイルドな味になります。 マシュマロは溶けにくいので、カッ...

NO IMAGE

持続可能なコーヒー

8月19日は俳句の日。 普段、俳句を詠んだりすることはありませんが、俳句の日にちなんで下手は下手なりに、一句詠んでみました。 大自然、活かすも殺すも 人次第 5,7,5と字数を合わせるために、ちょっと...

NO IMAGE

一億2千5百万人

この数字、日本の総人口かと思いきや、実は世界のコーヒー産業従事者数でもあるんです。 世界の人口は67億人とも言われておりますが、そのうち約1,8%の人々がコーヒー産業に従事している計算になります。およ...

ピーベリーというコーヒー豆

ピーベリーというコーヒー豆

普通、ひとつのコーヒーの実の中にはコーヒー豆(正確にはコーヒーの種)が2つ入っています。 ところが、まれにコーヒー豆が1つしか入っていないものがあり、その豆のことをピーベリーと呼んでいます。 ひとつの...

コーヒーチェリー

コーヒーチェリー

コーヒーの実が熟すると、まるでサクランボの様。 色も、大きさも似ていることから、コーヒーチェリーと呼ばれます。 サクランボとは違い果肉が薄く、ほとんどないので果肉を食べることはありませんが、イエメン...

コーヒールンバ

コーヒールンバ

昔、アラブの偉いお坊さんが・・・という歌詞のコーヒールンバ。 コーヒーをモチーフにした名曲ですが、このコーヒールンバについて少し調べてみました。 今から約50年前の1961年に、西田佐知子さんやザ・ピ...

NO IMAGE

コーヒーの香り

人はいろいろな香りをかぎ分けることができます。お線香であったり、お花であったり、香水であったり、今晩の夕飯の香りであったり。夕飯であれば、そのメニューまで想像することができるくらい微妙な香りをかぎ分け...